紹介してもらったこと。

小さな頃から小学生の時まで音楽教室に通っていました。
実家にはグランドピアノとエレクトーンがありましたので、いつも練習をしていました。
高校を卒業してからは、定期的に音楽の学校に通っていました。
鍵盤楽器を習っていました。
楽器を演奏するお仕事がしたいな、と思っていたのです。
この時は一人暮らしをしていました。
素敵な賃貸マンションで生活をしていました。
お部屋には電子ピアノを設置していました。
また、実家から持ってきたキーボードもありました。
これらの鍵盤楽器を使って、練習をしていました。
ある時、習っていた鍵盤楽器を演奏するお仕事を紹介してもらうことができたのです。
転職先を紹介してくれたのは、ある事務所の社長でした。
このお仕事を紹介してもらった時は本当に嬉しかったです。
お客様の前で大好きな鍵盤楽器を演奏したり、歌を歌ったりするお仕事をすることができる、ということがとても楽しみだったのです。
転職先でお仕事をしながら、たくさん練習しました。

世につれ

今日、ニュースを見ていたら、こんなのがありました。
厚生労働省の発表した、大卒後3年での業界別の離職率というものです。
各業種、業界によって、ずい分離職率、言い換えれば定着率というのは違うものなのですね。
それに驚いたのは、全業種平均での離職率が28,8%であることです。
約3割の人は新卒後3年たつ前に、一度その仕事をやめているのですね。
世の中変わっていきますね。
日本の古き良き制度、終身雇用などというものが崩れ去ってからかなり経ちますけれども、それでも「石の上にも3年」などといって、かつてはそうそう一旦入った会社を辞めたりはしなかったように思います。
でも、よく言えばかねてから欧米ではそうだったように、実力主義が行き渡り、ステップアップ転職をする人も増えたのも事実かもしれませんね。
あるいはやむなく辞めざるをえなかった人もいることでしょう。
何らかの形で職を変える人たちに、幸多かれと祈ります。
転職を成功させて、後悔のない人生を歩んでもらいたいものです。