女40代の転職

数か月前までは、自分が転職するなんて、考えてもいなかったのに、今、私は仕事を探しています。
不況やリストラという言葉をメディアで見聞きしてはいても、自分がリストラにあうなんて、思ってもいませんでした。
ところがある日、突然、今まで経験したこともない営業職に配属代えされたんです。
今まではパソコン操作専門の事務職でしたし、そんな私が営業なんてできっこありません。
これは所謂、肩たたきというものなのだと感じました。
初めこそ、何とか頑張ろうとしました。
けれど、やはり無理でした。
女、40代、転職なんて無謀だと思うかもしれませんが、一生この職場ではやっていけないと、退職を決めました。
しかしながら、思っていた以上にに転職は難しいです。
新卒の就職さえも難しい昨今、何の資格もない私が、簡単に転職できるほど、世の中は甘くないのです。
しかしながら、泣いてはいられません。
今は、転職を成功させるべく、資格取得に励む毎日です。
頑張ります!

理想を求めての転職

私の人生を語るのに転職という言葉を外すことができないくらい、私は理想を求めて転職を繰り返しました。
始めのころの転職は若さの勢いもあって、今思い出すと恥ずかしくなるような後悔するような、色々な思い出があります。
そんな感じで繰り返し続けた転職で、だんだん心が疲れ果て、体が思うように動かなくなってくるのを感じ始めた頃の事です。
心の中から、「何回同じことを繰り返すの?」「いつになったらずっと続けられる職場に出会えるの?」「この後も何回転職すればいいの?」こんな声でいっぱいになりました。
ようやく我に返った私は、自分の心と向き合うということを知りました。
そして、今までの職場にも多分これからの職場にも、私のとらえ方ひとつで全てが変わるということを知りました。
この事実をようやく知った私は、これからどう変化していくのかとても楽しみでもあり、今までそれができなかった私の大きな乗り越える壁を目の前にして、怖くなる時もあります。
ですが、たくさんの転職を繰り返してきたおかげで、ようやくですが大切なことに気づくことができました。
これからの人生がとても楽しくなりそうです。